プロフィール

東京産まれ。9歳で箏と出会い、古屋富蔵、田村祥子両氏のもとで箏と三味線を学ぶ。東京芸術邦楽科在学中、宮内庁主催の皇居内での演奏 会に出演し、タテ(アンサンブルの責任者)を勤める。‘92年芸大卒業。93年NHK邦楽オーディションに合格。古典と現代邦楽の奏者として国内外数多く の公演に参加、国際交流基金の派遣演奏家として各国の文化行事での演奏を務めた(アイスランド日本大使館開館記念コンサート、01年 等)。 同時期に作詞家作曲家として、TVの子ども番組に曲を提供、スタンダードを含め、数多くの楽曲を生み出した(「アップルパイひとつ」「コンコン・ノック」 等 NHK教育TV)。03年、藤原道山氏(尺八)とのデュオ「イーストカレント」で発表した作品「潮流」が現存する箏による音楽最上位30位に選出され る。   一方、同世代の箏奏者と古典地歌筝曲の研究会を発足して定期的に演奏会を開催したり、古典技法を駆使した作曲が第12世都一中氏に認められ、氏の勧め で常磐津節を学ぶなど、日本伝統音楽の研鑽を続ける。05年より活動の拠点をフランスに移し、ヨーロッパ全土、カイロオペラハウス、トルコ等、より広域で のソロ活動を展開する。新鋭作曲家による箏のための新作を次々と初演し、07年ボルドーコンセルバトワール主催の創作週間で, ジャン・イヴ・ボッセ( Jean-Yves Bosseur ) 氏を始めとする教授、学生による6作品の箏のための新作を初演、箏の音楽を定着させていく。 ブルーノ・モリス( Bruno Maurice )(アコーディオン)、マニュエル・ソランス( Manuel Solans )(バイオリン)と結成した「トリオみやざき」Trio MIYAZAKI で、08年アルバム「彩鼓」(daqui)を発表、仏音楽雑誌「トラッド」TRADの推薦版に選ばれた。ルーブル美術館で行われた文楽公演に同トリオで参 加、聴衆のみならず文楽界の巨匠からも絶賛を浴びた。 09年ジャズギターの巨匠グエン・リー( Nguyên Lê ) 氏、タブラ奏者のPrabhu Edouard氏と「SAIYUKI」を結成、欧州、アメリカ、アフリカ諸国を中心にワールドツアーを展開する。2010年、コルシカ伝統歌謡 ( Corsican Polyphony )の第一人者、グループVoce Ventu とのコラボレーションでアルバム「TESSI TESSI」を発表、制作過程がドキュメンタリー映画化され、「島々が出会うとき」のタイトルで上映、絶賛を浴びる。Carlotta Ikeda のダンスカンパニーの新作「Chez Ikkyu」の音楽を担当、ツアー公演にも参加。 現在あらゆるジャンルのアーティストとの共演、ラジオの音楽番組の出演、アジア音楽についての講演に多忙な日々を送る。