Mieko Miazaki koto - Patricia Borges Henriques dance
Nadine Gabard Lyrical singer - Stéphane Guignard stage direction

Songs―――既成概念を超えて飛翔する音たちのボヤージュ。 現代音楽の始祖、ジョン・ケージの作品たちが大胆な解釈で全編に展開される、神秘のスペクタクル。 空中を浮遊するかのようなナディーン・ガバールの歌声、そして恐るべきテクニックで表現されるみやざきみえこの箏。このふたつの非凡な音世界が、デジタル の環境音楽をまといながら軌道を描き、そこへパトリシア・ボルジュ・エンリークによるアフリカン・ダンスが揺さぶりをかける。

ステファン・ギニャールの演出により、この3者は可能性の極限に挑み、音と音の橋渡しとして、生身の肉体を観客の前に投げ出す。3人の 女たちが互いに交わり、組み合わさり、つかみかかってその存在感を照らし合い、果ては静寂へとあなたを誘う。 そして垣間見える、女たちそれぞれのオリジン―――オキシデンタル、オリエンタル、そしてアフリカン。 白いスクエアのステージから、ジョン・ケージ的な静寂の中から、万物が萌芽する予兆の中から解き放たれる音の数々―――優しさに満ちて、軽やかに、ときに ノイズを伴い、ときに感動を湛えて―――。

舞台を彩る光線の羅列は、中国古代の宇宙観を象徴する易占「易経(Yi-King)」に着想を得たライト・オブジェである。これにより 観客は色彩の世界に引き込まれ、聴覚からの解放をも体験する。 ジョン・ケージの音楽を演奏するということは今日において、偶然の積み重ねから生じる自由性を演じることに他ならない。ステファン・ギニャールの導きに よって紡ぎだされる特異な宇宙空間につつまれて、あなたは新しい音世界に耳をすますことになるだろう。

MUSICAL SHOW
artistic and stage direction Stéphane Guignard
adapted from music by John Cage
choregraphic look Gilles Baron
scenography Bruno Lahontäa
lights Eric Blasse
costumes Hervé Paeydomenge,Agathe Delabre
electronic music Eddie Ladoire,Christian Fennesz
sound operator Guillaume Laidain or Eddie Ladoire
lights operator Véronique Bridier
graphic design Eric Chabrely